SRF工法SRF

“SRF工法とは”

             

しなやかで切れない高延性材(ポリエステル製の繊維を密に織り込んだベルトやシート材)を
柱や壁に専用の高靭性接着剤で張り付けて補強する工法です。

・高延性材

・専用接着剤

           

柱を巻く様子が包帯を巻いているように見えることから、別名「包帯補強」と呼ばれています。

“特徴”

             

建物を揺らさない、壊さない。
柱や壁に張り付けられた高延性材が、地震の揺れをしなやかに吸収し、建物の破壊を防ぎます。

ブレース補強


補強した部分の周囲に
しわ寄せが及び破壊

SRF補強


揺れをしなやかに吸収

           

機能とデザインを主体にした設計

従来工法と異なり、建物の意匠・空間を損なうことなく安全性を向上させます。柱部分にSRF工法による耐震補強を行っています。

               

人と環境にやさしい

施工時に粉塵、騒音、振動はほとんど発生せず、接着剤からの臭いもありません。建物の稼働率をほとんど下げずに施工された実績が多数あります。

             
               

低コスト・短工期

2~3人の人力で作業し、大きな機材を必要としないため、他工法に比べ安価です。施工時間も短く済みます。

             
               

・施工フロー

           
           
           
             
           

               

安全性・耐震性

性能と施工性が、大型振動台実験、繰り返し載荷試験及び多数の実施案件で実証され、公的機関の審査・評価を受けています。

・震動台実験

 

7波の震度7クラスの地震動を繰り返し受けても、損傷が少なく倒壊しません。


・柱実験

 

高軸力、短柱でも大きな靭性を発揮、30%の変形でも破壊せず軸力を保持します。


・耐震壁・CB壁実験

 

片面補強でも耐力靭性が向上し、崩落も防止します。


・公的機関評価

・(一財)日本建築防災協会技術評価・建防災発 第2174号 (RC柱・壁)・DPA-住技-33 (木造基礎)
・DPA-住技-38 (木造壁)・DPA-住技-40 (木造接合部)
・(一財)土木研究センター 建築技術証明 建技審証 第0707号 (土木RC構造物)
・兵庫県 ひょうご住宅耐震改修工法コンペ 集合住宅部門 最優秀県知事賞 受賞

             
             
           

             

“施工実績”

ホテル浦島山上館SRF工法耐震改修工事

           

ホテル中の島別館耐震改修他工事

           

採用情報

チームOKAMOTO

歴史に残り社会貢献のできる仕事です。
私たちと『チームOKAMOTO』の一員になりませんか。

お問い合せ

  • 本 社MAP

    〒660-0052 尼崎市七松町2丁目27番23号

    • 06-6416-6855
    • 06-6416-6856
  • 大阪支店MAP

    〒555-0021 大阪市西淀川区歌島1-3-3 佐野ビル305号

    • 06-6195-1981
    • 06-6195-1982